Top > 都をどり

都をどり

都をどりが初めて開催されたのは、明治5年のことです。
東京遷都によって京都の町衆達が没落を恐れ、京都万博を開催したのがそもそもの始まりです。
そんな都をどりは、京都のお勧め観光スポットのひとつです。100年以上も続いており平成18年で、何と134回目となりました。
祇園甲部歌舞練場で行なわれており、春の風物詩となっています。

都をどりでは、まずお茶券を購入しましょう。舞妓さんがお茶のお手前を披露してくれます。
但し、人数が多いこともあり舞妓さんから直接お茶を頂けるのは、最前列の特別な方だけのようです。一般のお客さんでお茶を頂けるようなことがあれば、幸運だと思ってください。

和菓子が乗った小皿は、祇園甲部のシンボルマークである「つなぎ団子」がデザインされていて、持ち帰ってもかまわないので良いお土産になるのではないでしょうか。
お茶を頂いたあとに、いよいよ開演となります。
京都では歴史も古く、出演者全てが女性となっています。

お勧めの観光スポットだけあって、都をどりの他にも中庭にある美しい日本庭園を眺めることが出来ます。
満開の桜の下を、散歩することも出来ます。
祇園甲部歌舞練場の連絡先は、075-541-3391です。お問い合わせをしてから、行くようにして下さい。
ぜひお勧めの観光スポットである都をどりを、一度は見て頂きたいものです。

 

 デュラス(duras)  フォークロア  ローカロ生活
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
嵐山ハイブリッド美術館(2009年7月 2日)
京都竹倶楽部(2009年7月 2日)
舞妓体験STUDIO夢工房(2009年7月 2日)
嵐山通船(2009年7月 2日)
都をどり(2009年7月 2日)